QLOOKアクセス解析
Home » WordPress, WordPress プラグイン

記事を書く際に過去の記事のリンクを簡単に挿入できる、プラグイン「Link to Post」

2011年4月8日 3,374 views 5 Comments

記事を書く際に、過去の記事をリンクすることは非常によくありますが、意外に手間のかかる作業。記事が多くなればなるほどなおさらです。「Link to Post」は、ボタン操作で簡単にリンクを挿入できるプラグインです。nofollow属性をつけることができるとこも心憎い、ちょっと嬉しいプラグインです。

 

 

◆「Link to Post」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

wordpress_linktopost01_1

検索で「Link to Post」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_linktopost01_2

「Link to Post」の「詳細」をクリック。

wordpress_linktopost01_3

「いますぐインストール」ボタンをクリック。

wordpress_linktopost01_4

「Link to Post」の「プラグインを有効化」をクリック。

wordpress_linktopost01_5

wordpress_linktopost01_6

有効化すると、ダッシュボードに「設定」>「Link to Post」の項目が追加されます。続けて「Link to Post」を設定していきましょう。

 

 

◆「Link to Post」の設定方法

「設定」>「Link to Post」をクリック。

wordpress_linktopost02_1

初期設定のままで構いません。お好みで nofollow属性をつけることもできます。

編集画面のビジュアルエディタに「Link to Post」ボタンができています。

wordpress_linktopost02_2

リンクしたい画像や文字列を選択し「Link to Post」ボタンをクリックすると、過去に作成した記事一覧を選択できる画面が表示されます。

記事だけでなく、ページやカテゴリやタグ自体にもリンクさせることができます。

記事を選択すると、このようにリンクが作成されました。ちょっとした機能のプラグインですが、とてもうれしい配慮ですね。

wordpress_linktopost02_5

◆ Similar Posts

5 Comments »

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.