QLOOKアクセス解析
Home » WordPress, WordPress ケータイ・スマホ, WordPress プラグイン

サイトを簡単にiPhoneなどのスマートフォン端末表示対応にさせる、プラグイン「WPtouch」

2011年4月14日 5,975 views 2 Comments

wordpress_wptouch04_1

「WPtouch」は、WordPressで作成したサイトを簡単にiPhoneなどのスマートフォン端末で表示できるように最適化してくれるプラグインです。ケータイ端末と違いスマートフォン端末で表示サイズの上限はありませんが、表示能力ではまだまだPCに劣ります。しかし、このプラグインを有効化するだけで、軽量化されたスマートフォンライクのサイトを構築したのと同じ状態にすることができます。スマートフォンは近年急上昇中のアクセス端末のひとつです。忘れずにチェックしておきましょう。

 

 

◆「WPtouch」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

wordpress_wptouch01_1

検索で「WPtouch」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_wptouch01_2

「WPtouch」の「詳細」をクリック。

wordpress_wptouch01_3

「いますぐインストール」ボタンをクリック。

wordpress_wptouch01_4

wordpress_wptouch01_5

「Screenshots」タブをクリックすると、プラグインを視覚的に確認できます。

「WPtouch」の「プラグインを有効化」をクリック。

wordpress_wptouch01_6

有効化すると、ダッシュボードに「設定」>「WPtouch」の項目が追加されます。続けて「WPtouch」を設定していきましょう。

 

 

◆「WPtouch」の日本語化方法

「設定」>「WPtouch」をクリック。

設定画面が表示されました。このプラグインには日本語化対応パッチが出ているので、まずパッチをあてていきます。WPtouch-ja(日本語化)at yamk blog のサイトから最新版のパッチをダウンロードします。

wp-content/plugins/wptouch/lang/ の直下に、先ほどダウンロードしたzipファイルに含まれる ja_JP.mo ファイルを上書きします。

WPtouch Language で「Japanese」を選択し、「Save Options」をクリック。

wordpress_wptouch02_3

日本語化されました。これでぐっと設定しやすくなるはずです。なお、上書きする前の ja-JP.mo ファイルでも日本語化されますが、中途半端な日本語化になってしまっていますので、最新版のパッチを上書きしてあててあげるようにしましょう。

 

 

◆「WPtouch」の設定方法

一般設定から確認していきます。「ホームページリダイレクト」で最初に表示したいページを、サイトタイトルを変えたい場合は「サイトタイトル」を設定します。特になければ、初期設定のままで構わないでしょう。「除外するカテゴリー」「除外するタグ」「フッターメッセージ」もここです。

詳細オプションでは、主にヘッダーやコメント欄に関して設定できます。

wordpress_wptouch03_2

スタイル&カラーオプションでは、背景色やテキストの色など表示に関する設定ができます。お好みでサイトイメージに合うよう変更しましょう。

wordpress_wptouch03_3

デフォルト&カスタムアイコンツールでは、登録済みアイコンが表示されています。自分オリジナルのアイコンをアップロードすることも可能です。

wordpress_wptouch03_4

ロゴアイコン//メニュー項目&ページアイコンでは、アイコンを上から選択しながら表示を細かく設定することができます。初期設定の状態ではメールアドレスが表示されてしまいますので、「Email メニュー項目を有効にする」のチェックは外しておきましょう。

Adsense, Stats&カスタムコードは、Google Adsenseを利用している方用の項目です。IDを入力するだけで簡単に表示可能です。サイトアクセス数にまつわる設定もここからできます。

その他、お好みで設定を変更し「オプションを保存」をクリックします。以上で設定は完了です。

 

 

◆「WPtouch」の実装確認

スマートフォン端末を用いて自身のサイトがどのように表示されるか確認してみましょう。

wordpress_wptouch04_1wordpress_wptouch04_2wordpress_wptouch04_3

URLはPC用アドレスと変わらずで、内容だけがスマートフォン端末用に自動変換されます。また、Safari(Apple開発のブラウザ)をプラットフォームにした無料ソフト「iBBDemo2.0」を使えば、iPhoneなどスマートフォンを使わずに実際の表示を確認することができます。

 

 

◆ プラグイン「Ktai Style」との併用方法

ダッシュボードの「携帯表示」>「テーマ」をクリック(「Ktai Style」がプラグインされていないとありません)。電話キャリア別テーマ項目で iPhone, Android用で「Ktai Styleを使わない」に設定します。これで、iPhoneなどのスマートフォンでの表示は「WPtouch」が適用されます。

wordpress_wptouch04_4

関連記事 : サイトを簡単にケータイ端末表示対応にさせる、プラグイン「Ktai Style」

日本語化パッチサイト : WPtouch-ja(日本語化)at yamk blog

◆ Similar Posts

2 Comments »

  • KennyQi said:

    おおー、WP_Touchに日本語ファイルがあるんですね!
    KtaiStyleとの併用もすごく役に立ちました。

    はてブしておきました。
    今後もどうぞよろしくお願いします!

    • K’ said:

      >> KennyQi さん

      コメントありがとうございます。

      KtaiStyle に限らず、日本語化パッチ出ているプラグイン多いですよね。
      WordPressの日本人ユーザーが多いってことで、とても頼もしいです。

      こちらこそよろしくお願いします。
      (m´・ω・`)m

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.