QLOOKアクセス解析
Home » WordPress, WordPress プラグイン

リアルタイムで統計を取る高性能アクセス解析プログラム、プラグイン「WordPress.com Stats」

2011年4月28日 8,766 views One Comment

wordpress_wordpresscomstats06_2

「WordPress.com Stats」は、サイトへのアクセスがほぼリアルタイムで分かる高性能アクセス解析プラグインです。ページのアクセス数、検索に使われたキーワード数、どのページのリンクから来たか、など一目瞭然。見るのが楽しみになるアクセス解析プログラムです。

 

 

★ このプラグインは有効化するだけで使えるようになりません。引っかかりやすいポイントを含め、しなければならないことがいくつかありますので、順を追ってやっていきましょう。

 

 

◆「WordPress.com Stats」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats01_1

検索で「WordPress.com Stats」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_wordpresscomstats01_2

「WordPress.com Stats」の「詳細」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats01_3

「プラグインのホームページ」をクリック。

「WordPress.com Stats」

wordpress_wordpresscomstats01_5

公式ページ。 「Download」ボタンをクリック。zipファイルがダウンロードされます。

wp-content/plugins/ の直下に、先ほどダウンロードしたzipファイルに含まれる open-flash-chart.swfstats.php ファイルを入れます。

「プラグイン」>「プラグイン」をクリック。プラグイン「WordPress.com Stats」がインストールされましたので、有効化します。

wordpress_wordpresscomstats01_7

wordpress_wordpresscomstats01_8

wordpress_wordpresscomstats01_11

有効化すると、ダッシュボード上に「Stats」、「ダッシュボード」>「Site Stats」、「プラグイン」>「WordPress.com Stats」の項目が追加されます。続けて「WordPress.com Stats」と「Akismet」を同期させます。

 

 

◆「Akismet」と同期させる

「WordPress.com Stats」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats01_11

API Key 入力画面が表示されます。

API Key を入力し、「Save」をクリック。

過去にAPI Key を取得していない方は、WordPressのコメントスパムを排除する、プラグイン「Akismet」をご覧ください。

「Add this blog to my WordPress.com account」をクリック。過去に同じAPI Key でこのプラグインを使ったことある場合は、Recover other statsでアドレスを選択し「Take over stats history」をクリック、過去に収集したデータに統計を合算させることができます。

 

 

◆「WordPress.com Stats」の日本語化方法

「プラグイン」>「WordPress.com Stats」をクリック。

WordPress.com Stats の設定画面が表示されます。「your WordPress.com dashboard」をクリック。

「WordPress.com」

wordpress_wordpresscomstats03_3

UsernameとPasswordを入力し「Log In」をクリック。

API Key を取得すると同時に WordPress.com のUsernameとPasswordも取得しているはずです。過去にAPI Key を取得していない方は、WordPressのコメントスパムを排除する、プラグイン「Akismet」をご覧ください。

「WordPress.com」にログインできました。

wordpress_wordpresscomstats03_5

wordpress_wordpresscomstats03_6

「Profile」>「Personal Settings」をクリック。

Interface language で「ja – 日本語」を選択し「Save Changes」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats03_7

「WordPress.com」が日本語化されました。

wordpress_wordpresscomstats03_8

 

 

◆「WordPress.com Stats」を認識させる

「外観」>「テーマ編集」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats04_1

右カラムから「フッター(footer.php)」を選択、

</body> の直前に <?php wp_footer(); ?> と記述し、「ファイルを更新」をクリック。これより情報を収集しはじめます。

wordpress_wordpresscomstats04_3

 

 

◆「WordPress.com Stats」の設定

「プラグイン」>「WordPress.com Stats」をクリック。

wordpress_wordpresscomstats05_1

特に変更することはありません。

 

 

◆「WordPress.com Stats」の実装確認

「ダッシュボード」>「Site Stats」をクリック。有効化後、情報を表示しはじめるまで20分ほど時間がかかります。

wordpress_wordpresscomstats06_1

20分経過後、統計画面が表示されました。

wordpress_wordpresscomstats06_2

リファラ、検索キーワード、人気のページと投稿、クリック数、ブログ統計と知りたい情報が解析され統計化されています。20分経過後はほぼリアルタイムで情報が表示され、見るのが楽しみになるアクセス解析プログラムです。

このプラグインは、wp-content/plugins/ の直下に open-flash-chart.swf と stats.php ファイルをコピーする必要があります。「いますぐインストール」でインストールすると、wp-content/plugins/ の直下に statsフォルダを作りその中にコピーされてしまいます。これでは正常に働きません。しかし、やっかいなことは、動かないのにもかかわらず、それでも表面上有効化が可能なのです。

さらに、フッター(footer.php)の </body> の直前に <?php wp_footer(); ?> と記述しなければ、情報をプラグインに反映せず、0カウントのまま動くことはありません。 ただし、これらはテーマによって、またWordPressのバージョンによって、不必要なこともあります。ご自身のテーマで動作を確認しながら判断してください。

関連記事 : WordPressのコメントスパムを排除する、プラグイン「Akismet」

◆ Similar Posts

One Comment »

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.