QLOOKアクセス解析
Home » WordPress, WordPress ツール

ブログ投稿・編集をしやすくする無料アプリケーション「Windows Live Writer」

2011年4月24日 1,260 views No Comment

サーバ型・ウェブ型のブログではオンライン時でないと記事作成・編集が出来ない、という欠点があります。「Windows Live Writer」は、Microsoftが開発した、無料のブログの投稿・編集アプリケーションで、オフライン時でも記事作成・編集が可能です。また、とりわけ画像処理能力の柔軟さは秀逸。記事作成時間の大幅なスピードアップが期待できます。優れたポテンシャルから、WordPressのプラグインでないにもかかわらず、ぜひとも利用したいアプリケーションなのです。

 

 

★「Windows Live Writer」を設定するにあたって、WordPress側でひとつ変更する項目があります。

ダッシュボードの「設定」>「投稿設定」をクリック。

wordpress_windowslivewriter01_1

「リモート投稿」欄の XML-RPC「WordPress、Movable Type、MetaWeblog および Blogger XML-RPC 投稿プロトコルを有効にする」にチェックを入れ、「変更を保存」ボタンをクリックします。

「Windows Live Writer」はMicrosoftが開発した無料のアプリケーションです。過去にWindows Live関連のアプリケーションをインストールしたことがある場合、一緒にインストールしている可能性が高いです。「ウィンドウズボタン」>「すべてのプログラム」から「Windows Live Writer」がインストールされていないかどうかチェックしましょう。

wordpress_windowslivewriter01_2

インストールされていない場合は、まず「Windows Live Writer」をインストールします。以下のリンクからどうぞ。

関連記事 : 「Windows Live Writer」をインストールする

 

 

◆「Windows Live Writer」の設定

「Windows Live Writer」を起動させます。

wordpress_windowslivewriter02_5

初めての起動時に限り、「ブログアカウントの追加」画面が表示されます。もし表示されなかった場合は、「オプション」>「アカウント」 からアカウント欄の「追加」ボタンをクリックしましょう。

wordpress_windowslivewriter02_6

「WordPress」を選択し、「次へ」ボタンをクリック。

ブログのWebアドレス、ユーザー名、パスワード を入力し、「次へ」ボタンをクリック。

ブログのニックネーム にサイトのタイトルを入力し、「完了」ボタンをクリック。以上で設定は完了です。

 

 

◆「Windows Live Writer」の使い方

「Windows Live Writer」の背景が現在のテーマになり、実際の表示幅のもとに記事を作成していくことができます。なお、次回からはこの画面で起動します。

それでは、使い方を見ていきましょう。

「ホーム」リボン に、投稿するにあたっての大まかがそろっています。

ズームアップします。

投稿欄の 下書きをブログに保存は、オフライン時の記事作成・編集の保存に使います。先ほどつけた ブログのニックネームを押せば、アカウントの変更・追加ができ、複数のサイトをなんなく管理できます。

フォント欄では、フォントファミリ、文字サイズ、太字、斜体、下線、蛍光ペン、フォントの色 などの設定を、

段落欄では、箇条書き、引用文、文字揃え などの設定ができます。

wordpress_windowslivewriter03_4

HTML のスタイル欄では、見出しサイズの設定を、

挿入欄にはもっともよく使う、ハイパーリンク、画像、動画 の3つのボタンがあり、簡単に挿入が出来ます。それ以外の挿入は、この後の「挿入」リボン からできます。

編集欄には、文字カウント、検索、すべて選択 と投稿するにあたってのサブ要素があります。「Windows Live Writer」では、編集時、辞書にない単語を入力した場合、文字の下に赤い波線が付きます。その場合は、スペルチェックを押し、単語を登録することで解消します。

「挿入」リボン には、投稿記事以外から挿し入れるボタンをメインにそろっています。

wordpress_windowslivewriter03_5

区切り線欄では、水平線、改行のクリア、記事の分割の挿入が、

WordPressの初期状態ではできなかった の挿入もこちらから簡単にできます。

メディア欄では、ハイパーリンク、画像、動画をはじめ、地図や記事のタグなども挿入できます

「ブログアカウント」リボン には、アカウント情報がまとめられています。

wordpress_windowslivewriter03_6

ブログのオプション欄では、アカウント情報が、

ショートカット欄では、実際のサイトのトップページ、ダッシュボード、ダッシュボードのコメント にショートカットします。

テーマ欄の ブログテーマ をOFFにすることで、テーマ抜きのエディタにすることもできます。

「Live Writer」ボタンをクリックすると、記事を表示、保存、印刷 したり、記事に関して行えるその他の操作を確認できます。

wordpress_windowslivewriter03_7

オプション をクリック。アプリケーションとしての設定を行うことができます。基本設定 の 記事ウィンドウ に「記事ごとに新しいウィンドウを開く」を選択すると、なおのこと記事編集がしやすくなります。お好みで設定していきましょう。

wordpress_windowslivewriter03_8

画面左下、現在は 編集タブになっています。

wordpress_windowslivewriter03_9

プレビュータブで、実際のサイトに投稿したかのような表示確認を、ソースタブで、HTMLエディタに変更できます。

 

 

◆ 柔軟で優れた画像編集機能

「Windows Live Writer」で特筆するべきは、画像投稿のしやすさ・柔軟さでしょう。画像をPCからドラッグ&ドロップでダイレクトにアプリケーション上にアップすることができます。

すると、画像ツール「形式」リボン が表示されます。

wordpress_windowslivewriter03_11

ズームアップします。

wordpress_windowslivewriter03_12

サイズ欄では、画像のトリミングがこのように、画像編集ツール無くとも、このアプリケーション上で容易にできます。

wordpress_windowslivewriter03_13

回転欄では、90度ごとの左へ回転、右へ回転、さらに 傾斜では、角度を指定して画像を傾けることができます。

wordpress_windowslivewriter03_14

画像のスタイル欄では、画像に影をつけたり縁取りをつけたりとアクセントを持たすことができ、

wordpress_windowslivewriter03_15

画像の効果 で色を変更、ぼかし、浮きだし たりすることができます。

wordpress_windowslivewriter03_16

透かし では、簡単に画像に透かしを入れることができます。

wordpress_windowslivewriter03_17

また、プロパティでは、リンク先、リンクオプション、代替えテキストを指定することができます。

wordpress_windowslivewriter03_18

配置欄では、画像のポジショニングが指定でき、

余白では、画像の回りこみに対しての余白幅を設定できます。

リボンの下に、カテゴリの設定、タグの設定、投稿日時の設定 ができ、

wordpress_windowslivewriter03_19

すべて表示をクリックすると、更に詳細に設定ができます。

wordpress_windowslivewriter03_20

 

 

◆「Windows Live Writer」から記事を投稿する

「ホーム」リボンの投稿欄、「投稿」クリック。以上で記事の投稿は終了です。

実際のサイトを確認すると、WordPressのダッシュボードから投稿するのと同じく投稿されています。

難があるとすれば、moreタグを挿入するボタンがないことですが、画面左下 ソースタブをクリックし、HTMLエディタから <!–more–> と入力すれば解決します。

サイトのテーマに沿った背景のもとに記事を作成・編集出来ること、とりわけ、画像の編集に時間を割かなくてよいところで、投稿時間のスピードアップが図れます。

そもそもWordPressのアプリケーションではないので、細かい難を上げればあるにはあるのですが、それにもあまりあるメリットを考えると、ぜひとも利用していきたいアプリケーションです。個人的におすすめです。

関連記事 : 「Windows Live Writer」をインストールする

◆ Similar Posts

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.