QLOOKアクセス解析
Home » WordPress, WordPress プラグイン

ページナビゲーションを拡張表示する、プラグイン「WP-PageNavi」

2011年5月4日 12,443 views 4 Comments

wordpress_wppagenavi04_1

標準のWordPressのページナビゲーションは「« Previous Page Next Page » 」として表示され、現在何ページ目におり、どのくらい続きがあるかが直感的に分かりません。「WP-PageNavi」は、ページナビゲーションを拡張表示してくれるプラグインで、見事にその悩みを解消してくれます。投稿記事数が増えるほど、導入しておきたいプラグインです。

 

 

◆「WP-PageNavi」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック

wordpress_wppagenavi01_1

検索で「WP-PageNavi」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_wppagenavi01_2

「WP-PageNavi」の「詳細」をクリック。

wordpress_wppagenavi01_3

「いますぐインストール」ボタンをクリック。

wordpress_wppagenavi01_4

「WP-PageNavi」の「プラグインを有効化」をクリック。

wordpress_wppagenavi01_5

有効化すると、ダッシュボードに「設定」>「PageNavi」の項目が追加されます。続けて「WP-PageNavi」を設定していきましょう。

 

 

◆「WP-PageNavi」の設定方法

「外観」>「テーマ編集」をクリック。ページナビゲーションを表示したい箇所(テーマによって違う。通常 index.php 中のことが多い)に、<?php if(function_exists('wp_pagenavi')) { wp_pagenavi(); } ?> と入力し、「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

wordpress_wppagenavi02_1

「設定」>「PageNavi」をクリック。

PageNavi設定の画面が表示されました。基本的にはそのままで構いません。記事が多いサイトの方は、「表示するページ数」の数字を多めにするとよいでしょう。デザインを調整したい方は「pagenavi-css.css を使用」にチェックを入れて pagenavi-css.css ファイルを変更します。その他、お好みで変更しましょう。以上で設定は完了です。最後に「変更を保存」ボタンを押すのを忘れないように。

 

 

◆「WP-PageNavi」の実装確認

実際のサイトで確認します。ページ下部にこのように表示されます。

wordpress_wppagenavi04_1

これで、現在何ページ目におり、どのくらい続きがあるか直感的に分かります。矢印ではひとページごとしかページが送れないのに対して、これならページ番号を押せば省略してページを送ることができます。投稿記事が増えるほど、導入しておきたいプラグインです。

◆ Similar Posts

4 Comments »

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.