QLOOKアクセス解析
Home » Featured, WordPress, WordPress 対応レンタルサーバ

WordPressをインストールする(80code.com編)

2011年7月6日 7,431 views No Comment

wordpress_hosting80code01

最近は国内大手レンタルサーバでは、WordPressクイックインストール がデフォルトで付いているので、WordPressのインストールで戸惑うことは少なくなりましたが、まだ搭載していないレンタルサーバも数多くあります。海外サーバでアダルトサイトを運営したい方に絶大な人気を誇るサーバ、「80code.com」でもそう。意外に詳しく紹介されているサイトが少ないようなのと、国内大手レンタルサーバではアダルトサイト運営を禁じているところがほとんどなので、初心者にとって手が出しにくかったアダルトサイト運営というジャンルへ踏み出すきっかけになればと思って、今回インストール手順をまとめてみました。

 

 

◆「80code.com」を契約する

「80code.com」

wordpress_hosting80code01

80 Code Consulting, LLC が提供する低価格レンタルサーバ。アメリカ西海岸側にサーバを構えており、アダルトサイトの運営が可能。中級者向け。アダルトサイト・アダルトアフィリエイト運営を中心とした、個人向けサイト運営におすすめです。

 

 

◆ データベース(MySQL)の初期設定

「Login : メンバー」ボタンをクリック。

「ホスティングサービス メンバーコントロールパネル」へログイン。

wordpress_80code01_2

「ホスティング管理」>「MySQL管理」をクリック。

MySQL管理のデータベース「新しいデータベースの製作」ボタンをクリック。

メンバーコントロールパネルダイアログがポップアップします。データベース名を任意で入力、照合順序を「UTF-8 Unicode(utf8_general_ci)」にし、「実行」ボタンをクリック。

データベースが製作されました。続けて、データベースを使用できるユーザーを製作します。

ユーザー「新しいユーザーの製作」ボタンをクリック。

メンバーコントロールパネルダイアログがポップアップします。ユーザーネームとパスワードを任意で入力、ホストネームは「localhost」のままで、「実行」ボタンをクリック。

ユーザーが製作されました。次に、先ほど制作したデータベースを今制作したユーザーで利用許可を取ります。「ユーザーに許可」をクリック。

メンバーコントロールパネルダイアログがポップアップします。ユーザーを今制作したユーザーに、特権のすべての欄にチェックを入れ、「実行」ボタンをクリック。

データベースを利用できるユーザーとして許可が取れました。これで、データベースの初期設定は完了です。

 

 

★ 独自ドメインを取るつもりがない方は、次の ◆ 独自ドメインを取得・設定する◆ 独自ドメインを「80code.com」に追加する の項目を読み飛ばしてください。

 

◆ 独自ドメインを取得・設定する

独自ドメイン取得は、ネームサーバが利用できるドメインレジストラであればどこでもかまいません。今回は、年間維持費が格安で支払いが便利な「ムームードメイン 」で取得・設定しています。迷っているのであれば「ムームードメイン 」がおすすめです。

ムームードメイン 」にて独自ドメインを取得し、ネームサーバ設定変更で「弊社以外のネームサーバ」に、ネームサーバ1「nsc1.80code.com」、ネームサーバ2「nsc2.80code.com」とします。ネームサーバは設定・変更後、反映されるまでに数日かかる場合があるとのことですが、たいていすぐ対応してくれるので、10分程度で変更されるでしょう(場合による)。

wordpress_80code03_1

 

 

◆ 独自ドメインを「80code.com」に追加する

「ホスティング管理」>「ドメインネームとDNS」をクリック。

ドメインネームとDNS「ドメインを追加」をクリック。

メンバーコントロールパネルダイアログがポップアップします。ドメインを追加に先ほど取得した独自ドメインを入力し、「実行」をクリック。

wordpress_80code03_3

ドメインを追加できました。このとき、サーバでは「/public_html/ドメイン/」でフォルダが作られています。この後、このフォルダにWordPressをアップしていきます。

 

 

◆「WordPress」を入手する

「WordPress | 日本語」

wordpress_80code04_1

公式ページ。「WordPressをダウンロード」します(2011年7月現在の最新は「WordPress 3.1.3」)。ダウンロードした zipファイルを解凍してください(解凍には「Lhaplus」などの解凍ツールを利用します)。

 

 

◆ FTPツール「FFFTP」を設定する

大量の phpファイルを転送するにあたり、あらかじめ転送時に属性(パーミッション)を自動的に変更するように設定します。 ここではFTPツールに「FFFTP」を利用します。

FFFTP を起動し、「オプション」>「環境設定」を選択し、オプションダイアログを開き、「転送3」タブをクリックし、「追加」をクリック。

「デフォルト属性の設定」ダイアログが開きます。ファイル名に「*.php」、属性に「705」と入力し、「OK」をクリック。

wordpress_80code04_3

オプションダイアログの「アップロードするファイルの属性」欄に、「*.php」「705」と表示されていることを確認します。

 

 

◆「WordPress」をアップロードする

解凍して出来た「wordpress」フォルダを、内包するフォルダとファイルごとすべて「FFFTP」の左側(PC側)画面から 右側(サーバ側)へドラッグ&ドロップします。この時に注意点がひとつ。必ず、先ほど作成した「/public_html/ドメイン/」フォルダにアップロードすること。

また、独自ドメインを取得しない方は、/public_html/ 以下に任意の名前のフォルダを作り、その中にアップロードします。その場合、http://ユーザ名.親ドメイン/フォルダ名/ というアドレスになります(例 : http://example.80code.com/wordpress/)。

 

 

◆「WordPress」のセットアップ、インストール、ログインする

アップロードしたページをブラウザで開きます(http://独自ドメイン/。独自ドメインを取得しない方は、http://ユーザ名.親ドメイン/フォルダ名/)。まず、wp-config.phpファイルを作成します。「設定ファイルを作成する」ボタンをクリック。

wordpress_80code05_1

「次に進みましょう!」ボタンをクリック。

wordpress_80code05_2

先ほど製作したMySQLのデータベース名、ユーザ名、パスワード入力し、「作成する」ボタンをクリック。もし、このデータベースで作るWordPressが2つ目以上なら、テーブル接頭辞を変更してください。

wp-config.phpファイルが作成されました。続けて、WordPressのインストールをします。「インストールの実行」ボタンをクリック。

wordpress_80code05_4

「ようこそ」画面が表示されます。サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレス を入力し、「WordPressをインストール」ボタンをクリック。ユーザー名だけは後々変更が出来ないので、慎重に決めること。 

wordpress_80code05_5

「成功しました!」画面が表示されます。同時にメールアドレスにもWordPressからメールが届きます。パスワードはどこにも(メールにも)記述されないので、忘れないようメモしておくこと。内容を確認し、「ログイン」をクリック。

「ようこそ」画面で設定したユーザー名とパスワードを入力し、ログインする。これからこのページがログインページとなりますので、ブックマークをしておくとよいでしょう。

wordpress_80code05_8

◆ Similar Posts

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.