QLOOKアクセス解析
Home » Headline, WordPress, WordPress プラグイン

キーワードに自動でリンクを張る、プラグイン「SEO Smart Links」

2011年7月14日 1,637 views No Comment

「SEO Smart Links」は、キーワードに自動でリンクを張るプラグインです。記事が変わるごとにリンクを張るのは、手動では意外と面倒なもの。このプラグインは、リンクを張りたいキーワードとリンク先はたいてい似ていることに着目したもの。タイトルなどはリンクしないようにリンク対象から省けるところも賢く、使い勝手がよさそうです。日本語非対応なのが残念ですが、導入しておくだけでリンクの貼り忘れを防ぐことができる、便利プラグインです。

 

 

◆「SEO Smart Links」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

wordpress_seosmartlinks01_1

検索で「SEO Smart Links」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_seosmartlinks01_2

「SEO Smart Links」の「詳細」をクリック。

wordpress_seosmartlinks01_3

「いますぐインストール」ボタンをクリック。

wordpress_seosmartlinks01_4

「SEO Smart Links」の「プラグインを有効化」をクリック。

wordpress_seosmartlinks01_5

「設定」>「SEO Smart Links」の項目が追加されます。続けて「SEO Smart Links」の設定をしていきましょう。

 

 

◆「SEO Smart Links」の設定方法

「設定」>「SEO Smart Links」をクリック。設定画面が表示されます。

リンクを張る際のルールを詳細に設定できます。デフォルトのままで構いません。

「Custom Keywords」に、リンクさせたいキーワードを「キーワード、コンマ、URL」の順に記入します。今回、「google,http://www.google.co.jp/」と「WordPress,http://crossinthenight.com/」の2単語を記入しました。以上で設定は完了です。最後に、「Update options」ボタンをクリックするのを忘れないように。

 

 

◆「SEO Smart Links」の実装確認

実際のサイトで確認してみると、文章の中で一番最初に出てきたキーワードに限り、設定したリンクが張られています。

このプラグインの賢いところは、タイトルなどはリンクしないようにリンク対象から省けるところ。設定次第ですが、あくまで、文章の中から対象となる単語を探しだし、そのひとつ目にリンクを張ります。記事が変わるごとにリンクを張るのは、手動では意外と面倒なもの。日本語非対応なのが残念ですが、導入しておくだけでリンクの貼り忘れを防ぐことができる、便利プラグインです。

関連記事 : 日本語キーワード対応の自動リンクプログラム、プラグイン「WP Keyword Link」

◆ Similar Posts

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.