QLOOKアクセス解析
Home » Headline, WordPress, WordPress 設定・使い方

ルートディレクトリにインストールしたWordPressをサブディレクトリに整理しつつ、ルートディレクトリにあるかのようにアドレス変更する

2011年7月20日 2,226 views One Comment

WordPressをインストールする時、ルートディレクトリにそのままインストールしてしまうと、ファイルが散らかってしまい、大変見づらいもの。とはいえ、すでにサイトは開設しているし、アドレスは変えたくない、整理したくともこのまま続けるしかない、そうお思いの方もおられるのではないでしょうか。でも大丈夫。ルートディレクトリを整理しつつ、アドレスを変えることなく設定する簡単な方法があるのです。ひとつのサーバでひとつのサイトが専有する理由はありません。サブディレクトリにサイトを整理してすっきり経済的にサーバを使いましょう。

 

 

ルートディレクトリにそのままWordPressをインストールしてしまうと下図のようになり、次にこのサーバに何かインストールしようとする時、どれがどのためのファイルか分からなくなり、次第に頭の中がこんがらがってしまうはず。

このように、ルートディレクトリにひとつフォルダを作り、その中でサイトを管理すれば、とってもスマートです。

ルートディレクトリを整理しても、これまで通りのアドレスでサイトを運営していくことができます。非常に簡単ですので、チェックしていきましょう。

 

★ 設定の順番を間違えたり飛ばしたりすると、サイトにアクセスできなくなることがあります。ひとつずつ確実に進めましょう。

 

まず、ルートディレクトリ直下に任意の名前のフォルダを作成します。フォルダ名は半角英数字にしましょう。(FTPツールに「FFFTP」を利用しております)

次に、WordPressの「設定」>「一般」をクリック。WordPressのアドレス(URL)に先ほど作成したサブディレクトリ付きのアドレスを記入、サイトのアドレス(URL)にサブディレクトリ抜きのアドレスを記入し、「変更を保存」ボタンをクリックします。エラーが出る場合もありますが、気にせず設定を続けましょう。

ルートディレクトリに広がっていたWordPress関連のファイルをすべて、先ほど作成したフォルダにドラッグ&ドロップで移動します。

次に、サブディレクトリに移動したファイルのうち .haccessindex.php を、

ルートディレクトリにコピーします。環境によって .htaccess は無い場合があります。その場合は、index.php のみコピーします。

コピーした index.php を一度PCにダウンロードし、テキストエディタで開きます。この時必ず、文字コード・改行コードが指定できるテキストエディタで開きましょう。Windowsの「メモ帳」は絶対ダメです。今回は「TeraPad」を使用します。

最終行 require(‘./wp-blog-header.php’); を、

require(‘./サブディレクトリ/wp-blog-header.php’); と変更します。

上書き保存をし、再度 index.php を同じ場所へ入れます。以上で変更終了です。

 

これまでと同じアドレスで実際のサイトにアクセスすると、WordPress関連ファイルはすべてサブディレクトリに整理したものの、これまでと同じように表示されます。なお、サブディレクトリ付きのアドレスでも同じように表示されます(テーマやこれまでの変更の仕方によってうまくいかない部分が出ることもあります。必要に応じて変更してやりましょう)。

wp-login.php を移動しているので、管理者画面にログインする場合は、サブディレクトリ付きのアドレスからログインします。

関連記事 : サブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリにあるかのようにアドレス変更する

関連サイト : WordPressを専用ディレクトリに配置する – WordPress Codex 日本語版

◆ Similar Posts

One Comment »

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.